読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の楽器

日本の建物は、古くは木から作られ、西洋のは石で造られた。

ハーモニーを出すために、日本では、楽器が一つの音を出すのに、いろいろな音の高さを持たせた。

逆に西洋では、一つの音に色々な高さを出すことはない。それは、石が音を反響させるためである。

フルートは、ふつう柔らかい美しい澄んだ音を出します。

この「澄んだ」、純粋な混じりけのない音が出るのは、フルートが「倍音(独 Oberton 英 Overtone)」をあまり出さないからです。

倍音の組み合わせ次第で、心地よい音色も、濁った音が表現できます。

倍音」とは「基(になる)音よりも高く、多くの場合微かに鳴っている音」と言えます。